Loading

BLOG

飲食店のテーブルサイズ

先日6人で都内の居酒屋に行き、6名席に通していただいたのですが、
なんだかテーブルがせまいと思い、持っていたメジャーで測ったところ横幅が1300mmでした。
たくさん料理をたのんでもテーブルに置ききれず窮屈な思いをしたので、あらためてテーブルのサイズは重要だと思い、
今回は飲食店の標準的なテーブルサイズをご紹介します。

テーブルサイズの目安

【2名席テーブルサイズ】
・W60cm×D70cm

【4名席テーブルサイズ】
・W1200cm×D70cm

【6名席テーブルサイズ】
・W1600cm×D70cm
・W1800cm×D90cm

カフェや居酒屋、レストランなどの業態によって多少のサイズの違いはありますが、
おおむね上記のサイズが目安となります。

客単価を低く設定し、回転率を高めたり席数を多く確保したい場合は、
テーブルサイズを小さめで設定します。
また客単価を高く設定し、居心地感を重視する場合は大きめのテーブルサイズにするなど、
業態と店舗イメージによってもテーブルサイズの設定が変わっていきます。

テーブル備品

席の計画で忘れがちになりますがテーブルには料理のお皿以外に、
以下のような様々な備品が必要ですので置き場を考慮する必要があります。

【テーブルセット備品例】
・皿、取り皿
・グラス
・カトラリー、カトラリーケース
・カスター、カスタートレー
・メニューブック、メニューブックスタンド
・会計伝票、会計伝票カバー
・紙ナプキン、紙ナプキンスタンド
・おしぼり 
・灰皿
・爪楊枝

全てが必要というわけではないですが、それでもかなりたくさんの物が必要となります。
テーブルに全て置ききれない場合などは、横に収納スタンドをつけて調味料一式や爪楊枝などを置くのも、
1つの解決策です。

テーブルのサイズは小さいとお客様の不満につながりますが、
必要以上に大きすぎても限られたスペースの場合は席数が確保できなくなります。
居心地感と売上に必要な席数のバランスをみて、調度よいテーブルサイズでの計画を心がけていきたいものです。

 

 

 

 

 

 

無垢材の表面仕上げ

飲食店営業許可

関連記事

  1. サブスクリプションモデル

    2019.03.18
  2. 飲食店の開業資金計画

    2019.04.03
  3. 売上予測とレイアウト

    2019.03.11
  4. 飲食店の席数について

    2019.01.27
  5. 匂いマーケティング

    2019.03.26
  6. 飲食店営業許可

    2019.03.14
PAGE TOP