Loading

BLOG

飲食店の席数について

 

飲食店の経営計画を立てる際に欠かせない事柄のひとつに、席数というものがあります。
席数を決めていなければ売り上げや回転数などが計算できません。席数は他にも飲食店における様々なポイントに関わってきます。
今回は、飲食店の席数を決定するための計算方法などをご紹介します。

1坪あたりの席数を考える

一般的な飲食店の場合、席数の目安は1坪当たり何席計画できるかを計算します。
計算式は、【坪数×1坪当たりの席数=席数】となります。1坪当たりに何席置くかは、一般的には1.5~2席が目安となります。
柱が多いテナントやトイレの有無(施設の場合は共用トイレが使用可)などの条件によっては多少の増減はあるので注意が必要です。

お店のレイアウトや雰囲気をどういったものにするかなどによって異なりますが、
一般的には業態ごとの以下の1坪あたりの席数が目安になります。

・高級な専門店やレストラン 1坪当たり1席
・家族向け・カップル向けのレストラン 1坪当たり1.2~1.3席
・居酒屋など 1坪当たり1.5席
・カフェやファストフード店など 1坪当たり2席

この数字はあくまでも目安です。カフェでもゆったりとくつろいでもらうことをコンセプトとしている場合は、
1.5~1.8ほどで計算するといいでしょう。配置する椅子やテーブルによって席数が前後することもありますし、
個室を用意したりテラス席を構えるなど、お店の構成によって変わることがありますのであくまでも「目安」として捉えておきましょう。

ここで計算する坪数は、客席となる場所の坪数だけでなく、厨房やバックヤード、倉庫も含んだ全体の面積の坪数となります。
出店する場所が決定したら、その坪数を計算して席数を出しましょう。
20坪のテナントでカフェを開くなら、【20坪×2】で40席程度構えることが出来るという計算になります。

必要な席数からお店の広さを決める場合

個人店様など少ない人数で営業する場合は「座席数はこのくらいがいい」と決めておいてからテナント選びをしてもいいでしょう。
常にお客様に気配りができる、15人くらい入れるようなカフェを作りたいという場合は、逆算してそれに必要な坪数を求めてみましょう。
この場合は【15座席÷2】という計算式になり、7.5坪前後ほど必要だと計算できます。

実際の計画段階では、居心地が悪い席を作らないよう微調整しながら柔軟に対応し、より良いお店作りに取り組んでいきます。

売上予測とレイアウト

関連記事

  1. 売上予測とレイアウト

    2019.03.11
  2. 匂いマーケティング

    2019.03.26
  3. サブスクリプションモデル

    2019.03.18
  4. 飲食店の開業資金計画

    2019.04.03
  5. 飲食店営業許可

    2019.03.14
  6. 飲食店の床材

    2019.03.20
PAGE TOP